進行がんにもみられる自然退縮

医療における独立自尊とは」について
 人の寿命はわからないと前章で述べましたが、その最たるものは「がんの自然退縮」です。日本の心身医学の創始者である九州大学の故池見酉次郎教授は、中川博士とともにがんの自然退縮例を研究しました。この研究により池見教授はストレス学説で有名なハンス・セリエ博士のセリエ賞をとられたのです。がんの自然退縮は500から1000例に一例はあると考えられているのだそうです。

 池見教授は、74人のがんの自然退縮がみられた患者さんで、精神生活や生活環境を詳しく分析できた31人をまとめています。31人中23人(74パーセント)に人生観や生き方の大きな変化があったとされています。
その23人の中7人はかねてから人間的な成長度の高い人や真に宗教的な生き方をしてきた人たちであり、がんの告知がきっかけになり、永遠の命へのめざめが起きたそうです。5人は信仰をもっていた人たちの中で、がんを宣告されることによって信仰の対象としていた教祖や神仏に自分のすべてをまかせきるという全託の心境になったとされています。5人は家族からのサポートや周囲の人の温かい思いやりに包まれて主体的な生きがいのある生活へ転換が起きた人であり、6人は生きがいのある仕事に打ち込んでいった人だそうです。このように、約4分の3の人では、生きがいや生き方に大きな変化があったときに、がんの自然退縮があったというのです。

 私の経験でも、その数は多くはありませんが、悪性腫瘍が治療もしないのに退縮した例を2人みています。二人とも宗教的に高い地位にある人で、がんの告知や治療の説明を受けた後に、それを受け止め、自分自身で積極的な治療は受けないことをきめた人です。池見先生の分類では、実存的転換や宗教的目覚めがあった人にあてはまると推察されます。

 このような自然退縮を自分で意識的に起こすことは、おそらく抗がん剤で治療効果が得られるよりも確率の低いことです。凡医師が凡夫にすすめられる方法ではありません。
しかし、このような例があることを知っているだけでも、有意義だと私は思います。どのような段階のがんであっても、予想のできないよい経過をたどる例があることを知っていれば、、医師にとっても患者さんへの接し方が変ってきます。患者さんや家族も、このような例があることを知っていると最後まで希望を持つことができます。

患者の生き方より

この記事へのコメント

雪ウサギ
2005年03月23日 08:37
今でもあの騒ぎは何だったのだろう。私にとってどういう意味があったのだろうと思います。上記のタイトルに似ているような事ですので、一つの症例として自分のケースをお話したいと思います。ちょうど10年位前、偶然に体内のある場所に腫瘍が発見されました。良性ということでしたが、すぐ手術をするといわれ、その病院を逃げ出して他の病院に転院したことがあります。やはり転院先でもすぐ手術をといわれたのですが、仕事上すぐには出来ない事情を抱えていたため、一年後に延ばしてもらいました。信頼できる医師、家族を含めた周りの温かいサポート、そして苦しくも心楽しい仕事で、一年がたちました。
雪ウサギ
2005年03月23日 08:57
(どうしたのでしょう?次に打った文章が全て消えてしまいました。打ち直して入れています。)
雪ウサギ
2005年03月23日 09:09
一年後の検査で、言葉を失って私のMRIの影像に見入る主治医に遭遇しました。腫瘍の影像の色が薄くなっているというのです。私の組織が腫瘍をしっかりと囲い込みこれ以上は大きくならないだろう、というのです。不安でしたのでその後三年間にわたって追跡検査をしましたが、何の変化も起きなかった為、もう来なくてよいといわれました。結局、腫瘍ではないらしいが、何だかわからない、というのが主治医の意見でした。
雪ウサギ
2005年03月23日 09:10
これは多分西洋医学では説明できない分野のことなのだろうと思いました。その間、特別に行っていたことと言えば二つのことです。一つは友人に勧められた民間薬を他の友人がOーリングテストという方法で割り出した量で飲んでいたこと。もう一つはその時の自分の仕事に楽しく夢中だったことです。もしかしたらこの二つのことで免疫がすごく上がってしまったのかもしれません。上司は私の腫瘍のことを気にしていましが、命に別状があるわけでもなく、症状もでていなかった為に普段は全く忘れていることができたことも結果的によかったのだと思います。今でも狸いえ狐につままれたような気がすることがあります。しかし最終的には何も私を害していないどころか、この事が自分の生きる姿勢をある程度確認させたという気はしています。この騒ぎの本当の意味を理解することは、多分、これからのような気がしています。
2005年03月23日 09:32
雪ウサギさん手術しなくて良かったですね。
このようなものは、消える腫瘍(vanishing tumor)といって、少なからずあります。
組織の検査でがんであることが確かめられていれば、自然退縮と呼んでよいのですが、炎症などで腫瘍のように見えてしまうこともあるのです。
雪ウサギ
2005年03月23日 13:12
はい、お陰さまで、急いで切らなくて本当によかったと思います。その時に抱えていた仕事に感謝です。その仕事が私を救ってくれたのかもしれません。私の場合は、自然退縮というものではなく、その後は色もうすくならず、大きさもそのままでした。多分今でも影像に写ると思います。ただ、何の悪さもしないのでないのと同じなのです。それならば死ぬまで気がつかなかった方がよかったのになどと思うこともありますが、そんな勝手をいったらばちがあたりますね。きっと。
若苗
2005年04月13日 22:35
雪ウサギさんのようなことでしょうか、知り合いにもありました。肝臓癌と言われて手術をしたらなにもなかったと。検査も幾重にも行われますから誤診とも思えませんね。今、大切な友達が癌で闘病生活をしています。彼女も手術をしたくないがために食事療法を選んだものの結局は病気が進行してしまい、今はホスピスにいます。奇跡を祈ってはいますが、彼女との現世でのお付き合いは間もなく終わるでしょう。でも彼女の生き方は、治療に向かう勇気を、自分の病気や体の不調と対峙する勇気を私にくれました。彼女は京都にいますが、八重桜の散らない前に、桜色のシャンパンを持って訪れたいと思っています。
雪ウサギ
2005年04月20日 13:43
若苗さん
コメントを頂いていたのに気づかず一週間がたってしまいましたね。
眞三先生は新しいご環境でとてもお忙しいようなので、先生のコメントが頂けるまで、僭越ながら私がコメントさせていただきます。
私は定期的にMRIで検査を行っていましたが、中に入った時の暗闇の中での凄まじい磁気音が今でも恐怖です。
私の尊敬する前衛芸術家の女性が、癌だった親友の死を契機に猛然と活動を再開したことがあります。「彼女が私に教えてくれたの。作品を創れるのは生きている間だけだと。もう迷っている暇はないのよ!」
若苗さんも、ご友人からいろいろ教えて頂いたのですね。どうぞご友人を訪ねて差し上げてください。そして桜色のシャンパンで杯を交して・・。けれど最後の最後まで希望の火が消えないことを、そして若苗さんのご健康が良き方へ向かわれるますことを、心よりお祈りいたしております。
2005年04月29日 07:55
若苗さん。お返事が遅れに遅れてすみませんでした。私自身、末期でもう残りのいのちも短いだろうと思っていた方が、急に良くなっってしまった例を最近経験しました。最後までご友人の希望はつないであげてください。京都では是非いろいろな話をご友人から聴いて下さい。

雪ウサギさん。コメントの返事をしてくれてありがとう。この記事のところに戻ってこられたのも雪ウサギさんのおかげです。早く帰ってきてください。

この記事へのトラックバック