セカンドオピニオンを求める先の医師をどうやって選択するのか

 セカンドオピニオンをえる時に、どの様な医師にかかるべきでしょう。セカンドオピニオンの目的は、まず安心をえるためです。もう一つは、治療法を自分で選択するためです。

 安心のためのセカンドオピニオンは、最初の病院で治療を受けることをほとんど決めており、方針もほぼ決まっています。最終的には自宅から近い病院で治療を受けたいけれども、そこでの診断や治療法が間違っていないかを確かめるために、○○がんセンターでの意見を聞きたいなどという場合です。

この目的であれば、余り、ズバズバと言う医師のところへ行けば、かえって不安になります。安心のためであるなら、セカンドオピニオンを専門医ではなく、かかりつけ医や総合的な判断のできる内科医に相談し、病状や治療方針を聞き、解説してもらうのも一つの方法です。

 相談の際に生じる一つの問題は、手術や治療を受ける予定の医療機関のレベルが、セカンドオピニオン医には解らない場合のあることです。そして、実はどの治療法を選ぶべきかどうかは、病院によってある程度異なります。

肝臓がんに針をさしてラジオ波で焼く技術(RF)に優れている施設もあれば、開腹手術の大変上手な外科医がいる病院もあります。あるいは、外科医が腹腔鏡下の手術を得意とし、より体に負担が少ない方法で、確実に腫瘍を取ることが可能な場合もあります。

 針をさす治療では、胆道や血管を傷つけたり、感染や合併症を起こす場合があります。しかし、合併症に対処するチームが充実していれば、そのために事なきを得ていることもあります。
 ところが、同じ治療法を他の病院でやると、合併症から回復ができず命取りになりかねません。このような施設間での治療法の差は、それを言い始めると議論にならなくなるため、余り学会でも話題になりません。

科学は普遍性を求めているのですから、どこでやろうと、結果が同じでないと困るのです。

 セカンドオピニオンを求める二つ目には、自分自身の判断で、治療を決めたいと考える場合です。例えば、手術を積極的に行なう外科医と、放射線治療を主体とする放射線科医の、両極端の医師の意見を双方から聞き、その長所と短所を自分でよく吟味し、判断するというものです。ただし、実際には、双方の意見をよく聞いたとしても、客観的な判断を下すことは恐らく困難です。その後に、本を読んだりインターネットを調べたりと、ますます迷うことになるかもしれません。その覚悟をきめてから臨むべきです。

患者さんは最初のハードルを超えることを躊躇する傾向があり、どうしても簡単で安易な治療ですむという方に頼りたくなります。本来なら手術により全治できるところを、食事療法や薬の効果に期待して手術を受けず、後で後悔することもあります。手術をすることが明らかに適切な医療ではないと考えられる場合に、とにかく切りさえすれば治るのではと、勇猛(?)な外科医に一縷の望みを託して、無謀な手術を受けてしまう場合もあります。

両極端の意見を聞いて、自分で判断を下すのはとても難しいことです。
 
 このように書くと、セカンドオピニオンをもらうことを、躊躇するかもしれません。しかし、それはある程度仕方ないことです。このような問題点を知らずに、安易にセカンドオピニオンを利用すると、むしろ迷いの中で後悔することになりかねません。セカンドオピニオンを受けに行く際には、自分は何を目的にセカンドオピニオンを得ようとしているのか、その目的意識をはっきりとしておくことが大切です。

 日本で健全なセカンドオピニオンの制度を育成するようにがんばってください。

この記事へのコメント

2005年07月23日 18:47
これまでの記事、読ませていただいてました。
私が当事者になったとき、医師に言い出せるか…?などと思いましたが、たしかに最初にかかった医師の紹介の元、セカンドオピニオンを受ける事について納得しました。

その時は、紹介してもらう先を自分で決めておかなくてはいけないんですよね?
その紹介先の病院を決めるための情報は、やっぱり口コミやネットで、その病院を決めるしかないのでしょうか。
自分の病院の悪いところを書くような、お人よしな病院もないだろうし。
たまに新聞に年間の手術件数なんかも出ていますけど、それだけでは決められっこないし…。

セカンドオピニオン求める程の病気の人は、きっと藁にもすがりたい気持ちでしょうから、もう少し多くの情報があるといいですね…。
とはいえ、設置してある医療器具の一覧を表にまとめてみたところで、医師との相性や方針なんかもあるかもしれないから、診察受けないとわからないものなんでしょうけど…。

う~む…意外と単純で“もっと生きたいんだ!という思いに答えてくれる医師を探す”ということなのかな~。
あかんべい
2005年07月24日 03:23
セカンドオピニオンにも2通りある。なるほど、僕の頭の中の霧が晴れてきました。目的が何なのかをはっきりさせておかなければいけないのですね。
2005年07月24日 15:05
セカンドオピニオンの選択は、患者が情報収集するうえで困難である。身をもって体験した。

療友からの情報、インターネットによる検索、いずれにしても高齢者にとっては、ITなどの
経験はなく苦慮しているのが現状であります。

情報は錯綜しているが、行政が敏速に定義として真摯に取り組んで貰いたい。
しんぞう
2005年07月26日 21:38
wanさん。 私自身、もっと長く生きたいんだ!という思いに答える医師から遠ざかっています。そして、もっとよく行きたいんだに答えたいと思っていますが。段々あきらめの気持ちが多くなってきています。それが、進歩なのか退歩なのかよく解りませんが。

あかんべいさん。 目的を絞ることって日本人は苦手なような気もします。

彩さん。 私は行政には余り期待していません。このような情報は民(私)の力が大切だと思います。
たまき
2005年07月27日 02:26
権利章典は70年代からあるのに、30年近く経ってようやくといった感じを受けます。
セカンドオピニオンの目的にある「安心の医療」ですが、昔は「安心できない医療」など存在しなかったんですよね。パターナリズムもそうですけど、昔のご近所の口コミ等から名医を探していました。しかし、現在はご近所付き合いがなくなって、どこに行ったら良いかがわからない。その反面、TVの普及によりマスコミュニケーションが活発になり、患者さんの知識レベルは確実に上がっている。同時に、医療ミス騒動が追い討ちをかけるように放送される。急速に進歩する医療技術の発展からエビデンスへと進歩し、その技術を磨く時間が医療従事者にはない。
セカンドオピニオンは出来るべくして出来たの時代の産物のように思えますね。
しんぞう
2005年07月28日 05:00
メリットにのせましたがhttp://melit.jp/voices/katos/archives/2005/07/post_10.html、医師憲章は権利章典に対応する医療者側からの医療の原則が示されています。これをどう実現していくのかがこれからの問題です。
昔からやぶ医を揶揄する文は残されていますので、安心できない医者はいっぱいいたことになります。
kohituji
2006年07月31日 20:45
本当は私が悪いのです。生まれた時から肥え児の私が。ブヨブヨの太い腕を血圧測るときの痛さは格別で思わず痛ーい!と悲鳴上げてもなんそのあとで内出血で赤い斑点が出来ても関心なし。いつもも無視して測る無神経さが名医の誉れ高き医者かと対峙してうらみの目を向けたくなります。それで血圧が高いのをチェック出来なかった自分が居て怠慢の自己責任を何時までも負って気がついたら高血圧が定着していました。手首で測るオムロンを最近知り使用してデーターを見せても信用されていないようです。でも、痛い測定に脅え白衣高血圧とどっちが正確でしょうか。肥えた方はいまや大勢居られるのに、先進医療は患者の側に立って診ないで孫悟空の頭絞めて三蔵法師の心境から抜けられないのは悲しいことです。悪い事してないに。医療現場では二の腕絞める血圧計が占有しいじめられトラウマになっている現実に気がつかないのでしょうか。手首でも使用出来るよう誤差を研究改革してでも活用して欲しいと加藤先生ヘルプです。

この記事へのトラックバック

  • ブログ加藤眞三 医療の維新をより良い方向に

    Excerpt: 慶應義塾大学看護医療学部の教授である加藤眞三氏が、現代の医療界について、ブログ上でさまざまな発言や問題提起を述べていらっしゃいます。 医療現場の実情と問題点を真剣に考えている姿勢が、文章から伝わって.. Weblog: おすすめblog racked: 2005-08-18 20:45