ブログ20ヶ月

画像
ブログを開始してから20ヶ月となる。

9月中旬には忙しさのピークも過ぎたのだが、ブログの更新がなかなかできなかった理由の一つに、それまでに溜まった締め切り遅れの原稿がある。

締め切りを過ぎていて迷惑をかけていながらブログなぞを書いていると思われてはと、編集者への遠慮もはたらく。ようやく、その溜まりからも解放されそうだ。

日曜日には久しぶりにジーコとドラをつれて横浜の馬事公園に行った。もうすっかり秋の気配となっている。ジーコは年をとったためか、この夏はとてもつらそうだった。「こんなことで来年の夏はすごせるのだろうか?」心配に思っていたが、秋になり涼しくなると次第に元気を取り戻し、足取りも軽くなってきた。 

画像




この記事へのコメント

ご挨拶できずにすいません。
2006年11月14日 12:49
こんにちわ。昨年5月、慈生会でのパストラル研修で先生をお話を聞き、また、HP上で友人の慢性膵炎の疑いについてご意見をおきかせいただいたものです。先日のパストラルケアの全国大会ではごいっしょできたにもかかわらず、ご挨拶できずにすいません(覚えておられないと思って、躊躇しておりました)。
 加藤先生の臓器移植法案に関する考えや内なる声について、良心かそうでないか等で「わからない」と言われていたことなど、偉い先生でも葛藤があるんだと思え、一人の人間なんだと(失礼ながら)思い、(さらに失礼ながら)親近感をいただいておりました。応援しております。
また、パストラルケアの全国大会等でお会いできたら幸いです。

PS 今回は、友人がグリオールという悪性の脳腫瘍になり、いっしょに全国大会に行きました。貴重な体験になりました。
加藤眞三
2006年11月14日 20:36
ご挨拶できずにすいませんさんへ
内なる声の定義次第ですが、内なる声が全てよい声かというとそんなことはないはずです。私の内なる声は全て正しいと思っている人があれば、その人は危険な人です。
葛藤があることが生きている証拠なのだと思っています。
今度お会いしたら声をかけてください。
グリオーマはそれ自体が悪性なのではなくできた場所のために悪性といわれる腫瘍ですから、これからの経過の長いことと思います。どうかご友人に寄り添ってよきサポートになってあげてください。
ありがとうございます。
2006年11月15日 01:40
内なる声があろうとも、常に葛藤が生じるのが普通であって、そして、最期の判断は、スピリチュアル(関係する人への尊厳が最大になるかどうか)になっているか。というふうに、皆さんの意見を聞いていて、そう感じました。
今度、お会いしたとき、お伺いします。ご助言ありがとうございます。

PS グリオーマー(まちがってました)の件、ご助言ありがとうございました。経過が長いということで、彼をサポートできるよう、パストラルケア等の仲間の方の助けを借りながら、頑張って行きたいと思います。
by こてつ
じぃ&ゆきママ
2006年11月15日 22:02
先日はブログに遊びに来ていただいてありがとうございました。
偉大な方だったのですね(;^_^A

私のブログのほうにも返事を書きましたが、きっと毎日を忙しく過ごしていらっしゃると思いますのでこちらにコメントさせていただきます(^∇^)

ジーコ君がじぃ(爺)と呼ばれているように我が家のじぃはジーコと呼ばれています。
これは単に女の子だからです。
面白いですよね(^∇^)

もうひとつ不思議なことがあります。
実は 私の職業は看護師です。
専門は違いますが、医療関係ということで何かの縁ですかね~~??

また、お邪魔させていただきます(^∇^)

この記事へのトラックバック