ブログ22ヶ月

神宮の銀杏並木が美しい季節を迎えました。今がベストです。雨により落ちた葉が敷き詰められた並木道を気持ちよく歩いてきました。

忘年会・新年会とお酒を飲む機会多いシーズンでもあり、この季節になると私も新聞や雑誌の取材がおおくなります。MELITには、お酒に関する記事を掲載していきます。

画像

この記事へのコメント

椿
2006年12月14日 05:50
先日は、肝臓病教室で大変お世話になりました。
他のサイトで先生の、アルコールに関しての指導を
読ませて頂いてとてもわかり易くて助かります。
健康な方の適量を、アルコールの種類別に書いてくださっていて良く理解できます^^
ところが、美味しい料理、楽しいおしゃべり。
時間も長くなり、良い気持ちになってくると・・元来飲める方。
ちょっと(沢山)オーバーしてしまいます^^。
毎日飲むわけではないから、良いか!!と自分を慰めつつ・・明朝は後悔の念で目がさめます。
でも、たまの楽しみデス^^
 
加藤眞三
2006年12月14日 15:37
たまに羽目をはずすくらいならそれ程影響はないと思いますよ。

アルコールの記事まだアップしていませんでした。
riceshower
2006年12月18日 19:03
こんばんわ。すっかり寒くなりました。インフルエンザの予防接種をしようとしたら、11月中旬に風邪を引き、これが長引いてしまい、予防接種は今年は止める事にしました。今からでは効果が薄いでしょう。ところで、このたび、慶応義塾大学と共立薬科大学が合併し、早ければ2008年には慶應義塾大学薬学部が誕生しそうですね。これは、経営上のメリットもさることながら、現場ではどのように受け止めておられるのですか?私は私立学校に勤務しているので、関心を持っています。
加藤眞三
2006年12月22日 15:57
経営上メリットがあるということは、働いている人にとっては忙しくなることが多いのだと思います。色々を兼ねることになるので。

ただし他学部と有機的に上手くつながることができればメリットも出てくるのかもしれません。

この記事へのトラックバック