市民公開講座「患者学」 8月例会のお知らせ

「大学教授ががんになってわかったこと」(幻冬舎新書)の山口仲美先生をお迎えします。患者として、医療者とどのようにコミュニケーションをとっていくのか、どのように医療情報を集めたかなどを話していただきます。

8月19日(土)午後14時から慶應大学信濃町キャンパス孝養舎において開催します。

講座は、市民・患者と医療者が水平な立場で対話をできることを目指すための練習の場です。
どなたでも参加が可能です。


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック