薬としての医師

 プラセボ効果という厄介なものが医療にはあります。本来は効くはずのない薬の投与により、症状が軽くなったり、病気が治ったりすることです。最近、脳代謝改善剤として大量に販売されていた薬が、再評価では有意差がなく認可が取り消されましたが、これなども再評価時にプラセボによる効果が大きすぎたためと解説されています。それ程プラセボには効果が高いことがあるのです。

 プラセボの語源は「喜ばせる」 という意味であり、本来医療にとって望ましいものなのですが、医療関係者の間では、偽薬やプラセボ薬で良くなったりする患者は、まるで演技をして症状を作っているかのように扱われ、あの人はプシコ(精神科患者)だからなどといわれ、精神科的な問題と片付けられてしまいます。科学主義的な医療では、プラセボ効果を理解しようとしませんし、むしろ忌み嫌っている程です。

「こんな薬、効くのか効かないのか良くわからないけど、まあ、使ってみようか。」などと言いながら患者さんに投薬する医師は、このプラセボ効果をわざわざマイナスにしてしまっているようなものなのです。

 私の尊敬するF医師は、一袋1gで一日量3gの薬をわざわざ2.5gの分三でなどと処方することがあります。医師になってまもない頃の私は、一日量3gにすれば、市販の1gの袋を出すだけで薬剤部も楽なのに、なぜこんな中途半端な量で出すのだろうと不思議に思いました。3gと2.5gの間に、効果の差など科学的にあるはずもないと考えていたのです。

 ある日、F先生に思い切ってその理由を尋ねました。
「2.5gの分三にすると、病院の薬局で薬剤を調合し、病院の名前の入った袋に包装してくれる。患者は、私のために、この病院で、特別に調合してくれた薬と思い薬が良く効くのだ」。

そういえば、その袋にはマーズレンSの青、メサフィリンの緑など色も添えられたり、メンソールで風味がつけられたりと色の配分まで工夫されています。これなどは、プラセボ効果を最大限に生かそうとする発想なのです。

 医師自身も薬の代わりになるということが言われています。
「先生の教室に行くと、気持ちが明るくなって体が軽くなります。」
「先生の外来に来ると、何か元気になった気がしてまた一ヶ月頑張れるんだ。」

このようなお世辞上手な患者を持つことに、私は医師としての喜びを感じます。

「肝臓病教室のすすめ」より
肝臓病教室のすすめ―新しい医師・患者関係をめざして

"薬としての医師" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント