臨床パストラルケア第8回全国大会

11月12日―13日と名古屋で臨床パストラルケア教育研修センターの全国大会が開かれ、そこで講演をする機会を得た。キッペス先生が主宰する研究会の全国大会である。 http://www.pastoralcare-jp.net/pastoral/japanese/mousikomi/2005/zenkoku08/index.htm …
トラックバック:0
コメント:182

続きを読むread more

ブログ9ヶ月 自由の広場

10月はずっと雨模様であったが、11月になり、ようやくすがすがしい青空の日が続いている。私のパソコンも新しいものに乗り換えて、10月のトラブル続きがウソのようだ。 毎月10日は、ブログの開始の記念日としてこのスペースを自由の広場として開放している。どんなコメントや質問、話題提供でも結構。ご自由に書き込んでください。 最近記…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

本格的再稼動の開始

購入した新しいPCに、必要なソフトをいれ、古いPCからのデーターの移行もほぼ終了した。ネットにもちゃんとつながる。もともと、データーカードでのネットへの接続不良から始まった今回の騒動であった。約10日間の悪戦苦闘でした。 LANDISKにもつながりバックアップをし、SDメモリーカードにもブリーフケースでデーターを保存、micro…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

指紋認証システム

新しいパソコンには指紋認証システムがついている。 PC上の装置の上で指をなぞると指紋が現れ、登録したものと同じものかどうかを認証する。確かにやってみると指紋が現れ、うまく認証してくれる。 しかし、これはパスワードでの認証へも逃れられるように抜け道がつけられている。並列の入り口だ。ということは、セキュリティとしてはパスワード…
トラックバック:2
コメント:16

続きを読むread more

コンピューター生活の憂鬱

10日ほど前から調子の悪かったパソコン(PC)がついにダウンした。 最初はインターネットへのつながりが悪いだけの症状であったのだが、何とか治そうとしつつ、だましだまし使っていた。しかし、11月1日にはついにmicrosoft officeも動かなくなってしまった。 そして、ついには日本語入力も。ここまで来ると、もうダメだ。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

すがすがしい北海道の秋

先週末、札幌の研究会で講演があり、北海道を訪れた。 本年は北海道づいていて3回目の訪問であった。北海道は自然に恵まれていて、空気もよいし、食べ物も美味しい。福岡と並んで訪問の楽しみな地である。 北海道は、秋の訪れもはやく、既に紅葉が真っ盛りであった。アルバムにアップしたので、どうぞご覧ください。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ブログ8ヶ月  自由の広場

早いものでもう一ヶ月がたってしまった。振り返ってみると、8月の記事の更新は5件、9月は6件とやや停滞気味だ。 その理由の一つはMELITの開設がある。MELITの記事とこのブログの記事の書き分けを模索中だ。もう一つの理由は、締め切り遅れの原稿を抱えていることだ。締め切り遅れの原稿をかかえながらのブログの記事の更新は気が引ける。書…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

夜のローソク行列

夜になってローソクの行列に参加した。ルルドの街中に並ぶ土産物屋で、長いローソクとその先に紙製の被いを買った。紙被いは提灯のような役目を果たし、賛美歌の詞が、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語などでそれぞれの言葉で書かれている。 聖堂と川の間にある広場には、ロウソクを手に持った人が次々と集まってきた。車椅子にのった患者さん…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

Accueil Notre-Dameノートルダムもてなしの施設

ツアーの最初の活動はルルドー Accueil Notre-Dame [もてなす施設]の見学から始まった。Accueilは病院でもホスピスでもない。ルルドを訪れる世界各地からの巡礼グループの患者さんのための宿泊施設といった方がよいだろう。  所長のジャクリーンさんが出迎え、施設の内容を話してくださった。質疑応答する時間も十分にい…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ルルドに到着

フランクフルト空港で降りると、直ぐに乗り継いで、南フランスのツールズ空港に向かった。ルルドーはそこから更に南に向かいスペインの国境近くにある。 空港には大型のバスが待っており、快適なバスツアーとなる。バスの中ではマイクを使って参加者20人の自己紹介がおこなわれた。皆さんはそれぞれに色々な思いをもって、この研修旅行に参加されている…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

帰国

昨日、ルフトハンザ機によりフランクフルトから関西空港に着き、フランス・ドイツでの癒しの研修旅行より帰国した。 宿泊には、マリアフリーデンのエイズホスピスでの宿泊施設、スツッツガルトの修道院の宿泊施設、アウグスブルグの神学校の寄宿施設などを利用したため、ドイツ滞在中に殆どインターネットにアクセスができなかった。 朝の6時30分には活動…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ブログ7ヶ月 ルフトハンザ機より (自由の広場)

現在、関空からフランクフルトに向かう飛行機の中にいる。ルフトハンザ機には機内の無線LANが備えられており、インターネットにも快適にアクセスできる。 こうやってブログ7ヶ月の記事を機内で書きアップできるとは思ってもいなかった。 8月にはウェブリーブログのお薦めブログとしてとり上げていただいた。メリットの方も中では色々な問題は生…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

心と魂のケアの研修旅行へ

7日、日本アルコール薬物医学会の理事会ために金沢に着いた。台風のために、予約していた飛行便は朝6時にあきらめ、急遽東海道新幹線に乗り、米原経由でたどり着いた。13時前には何とかたどり着いたが、JALホテルの31階で開かれた会議は、船酔いをするのではと思われるほどののゆれを感じた。 明日9日の早朝7時に、関西空港のカウンターで集合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「正直なところ、イラクにいたほうがいい。」

9月14日のNews Week 日本版誌のperspectiveに、この言葉は紹介されている。ハリケーン・カトリーナの被災者が避難生活をおくる競技場スーパードームに送られた、米軍軍曹ディフェイスの言葉だ。ディフェイス軍曹は14ヶ月イラクに駐留していた経験を持つ。 避難所では、世界一といわれる文明国の国内の出来事とは信じられないよう…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

肝と栄養の会

 昨日・今日と二日間、赤坂のキャピトル東急ホテルで肝と栄養の会が行われた。 肝臓病と栄養に関心のある医師や栄養士が40人ほど集まる、こじんまりとした研究会だ。 自由で活発な討論がしやすいようにと、あまり偉い教授連は入れずに第一線で働く若手ばかりで集まった会であるが、若手であった世話人も、そのまま年齢が9歳移行しており、もはや若手…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

浅間山と雲

浅間山の麓でテニスをした。  暑い東京から離れての高原での娘達とのテニスは快適であったが、それ以上に柔らかく美しい山の上に広がる雲に眼を奪われた。 休みをとっては、浅間山とジーコとドラを撮ってばかりいると顰蹙(ひんしゅく)をかってしまった。
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

阿弥陀堂を訪れて

2003年の小泉堯史監督による映画 「阿弥陀堂だより」 の撮影現場を訪れた。 都会での過酷な勤務医生活の中で疲労しパニック症候群になった女医美智子が、夫の孝夫に連れられて田舎での生活を送ることになり、村人たちとのふれあいの中で回復していく姿が描かれている。 2年前に飛行機の中で放映されているのを見た阿弥陀堂だよりは、何より…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

応援歌

最近、やや夏ばて気味で記事のアップが遅れていますが、そんな時期にウェブリブログ(biglobeのブログ)のトップページに今週のお勧めブログとして紹介されました。https://webryblog.biglobe.ne.jp/ ウエブリブログの開発担当者のブログにもお勧めブログとして紹介されています。http://osusume.at.…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

学生時代の仲間との集まり

昨夜、私と若林君との教授就任を祝うために、医学部スキー部の先輩と後輩が、就任パーティを開いてくれた。若林君は2年後輩で、9月より岩手医科大学に第一外科教授として赴任する。学生時代からの仲間たちだ。当事者二人の前後5年を含むOB部員に声がかけられ、20名余りが集まった。一年に50日以上を同じ宿で過ごした仲間は、集まるとまるで兄弟かのよう…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ブログ6ヶ月  自由の広場

2月10日にブログを開始してより、丁度半年が経過した。6ヶ月の間に2万件をこえるアクセスがあったことは私にとっても驚きであったが、何よりもこのブログを通じて色々な人と出会うことができたことに感謝したい。そして、その人たちとの協働作業により念願のウェッブサイトMELIT(http://melit.jp/)を立ち上げることができたことも大…
トラックバック:1
コメント:19

続きを読むread more

米国の医療を見本にして良いのか

日本の医療は米国を手本に追っかけています。医学界のトップにいる人も米国で学んできた人です。米国への医療の留学や見学も後を絶ちません。しかし、それは一面の良い点だけを見てきたものです。私は、米国を追いかけることを危惧します。 「患者の生き方」より ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 日本の医療はこれか…
トラックバック:2
コメント:28

続きを読むread more

セカンドオピニオンを求める先の医師をどうやって選択するのか

 セカンドオピニオンをえる時に、どの様な医師にかかるべきでしょう。セカンドオピニオンの目的は、まず安心をえるためです。もう一つは、治療法を自分で選択するためです。  安心のためのセカンドオピニオンは、最初の病院で治療を受けることをほとんど決めており、方針もほぼ決まっています。最終的には自宅から近い病院で治療を受けたいけれども、そこ…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

セカンドオピニオンで開腹をまぬがれる

セカンドオピニオンを求められても、一番目の医師の下でどのような根拠でそう判断されたかが重要です。実は、2番目の方ががんを見落とす場合だってありえるからです。そうであれば、2番目の医師は一番目の医師の情報と総合的に判断する方がより確かになります。 私のところに胃がんだといわれて相談に見えた患者さんがいました。その病変ががんでないというた…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

何のための法律か 未成年の飲酒について

NEWSというグループの一人が18歳にもかかわらず酒を飲んで酔っ払い補導された。そして、一緒に飲んでいたフジテレビのアナウンサーまでがマスコミでバッシングにあっている。処分が甘すぎると、国家公安委員長まで登場だ。 一体この法律を世の中の人はどこまで守っているのであろうか? 高校を卒業し、大学生になれば飲酒をすることは、日本の社会…
トラックバック:1
コメント:19

続きを読むread more

診療録(カルテ)はそのまま第三者に理解できるか?

都立病院を始めとして多くの病院で情報開示をうたい、情報開示はもう既に時代の大きな流れになっている。ただし、医療の現場では、まだまだ十分に対応ができているとはいえない現状がある。 つまり、情報開示をスムースにするためには、カルテは第3者が見ても解るようなものであることが前提条件になるが、必ずしもそうはなっていない。診療者のメモ程度に…
トラックバック:1
コメント:34

続きを読むread more

セカンドオピニオンの際には 必ず紹介状をもらう

何よりも大事なことは、Ⅰ番目の医師によく聞くことですが、次に大事なことは紹介状をもらうことです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 受け持ち医に紹介状を書いてもらうために セカンドオピニオンを求める際には、今の主治医に紹介状を書いてもらうことが何よりも大切です。それがなければ、セカンドオ…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

セカンドオピニオンを求める  その3

セカンドオピニオンを求める理由は人それぞれです。実は本人もあまりよく解っていないこともあります。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー セカンドオピニオンには何を目的に求めるのか セカンドオピニオンを求める経緯はさまざまです。その目的により大きく二つに分けられます。 一つは、最初の…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

セカンドオピニオンを求める    セカンドパート

セカンドオピニオンに関しては皆さんさまざまな思いをもたれています。それでは「患者の生き方」より私見パート2を紹介します。ますます議論が盛り上がることを期待します。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー セカンドオピニオン;医師の視点から 通常の外来時に、セカンドオピニオンを求める患者さんが来られる…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

セカンドオピニオンを求める

セカンドオピニオンは、これからの医療の中で避けることのできないものとなっている。しかし、まだまだ患者さんも医療者もその制度になれていない。本格的にセカンドオピニオンが日本の医療でシステムとして動き始めたのは、まだほんの5年ほどのことである。以下にセカンドオピニオンについての私見を述べたい。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー…
トラックバック:1
コメント:20

続きを読むread more

父権主義(パターナリズム)と医療 (その4) 

家族の判断ににまかせることに危険もあります。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「患者の生き方より」 患者さんの意思はどこにあるのか  大勢の家族に付き添われて、小柄ですがふっくらと柔らかく豊かな表情をした78歳の老婦人Xさんが入院しました。 家族の一人は私を見るなりそっと近づき、…
トラックバック:2
コメント:15

続きを読むread more

父権主義(パターナリズム)と医療 (その3) 

父権主義と医療について、色々なコメントをいただいた。その中で自己決定権をどうとらえるかは大切な問題である。以下に、自己決定権と患者中心の医療についての拙文を「患者の生き方」より転載したい。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 医療における独立自尊とは 私が外来で診ている慢性の肝臓病の患…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

ブログ5ヶ月 自由の広場

ブログを開設してもう5ヶ月が過ぎた。この間に私の異動もあり、周囲の状況も大きく変化している。また、6月10日に仮オープンした 「患者への医療情報提供のサイト MELIT」 ができたのも、このブログのお陰である。 このブログとサイトを通して、少しでも良質な医療の情報が届くことと、患者やその家族と、医療者の間の意識のギャップを小さくすること…
トラックバック:0
コメント:46

続きを読むread more

父権主義(パターナリズム)と医療 (その2) 

私はこの医療憲章を高く評価し、その方向性を支持する。そして、日本国中の医師がこの医療憲章を知り、そしてそれを遵守しようとすることを望む。 ただし、現在わが国において「医療事故はいかなるものも患者に告げる」ということを全ての人に適応すべきかどうかは、別の問題だ。「そんなことを知らされたら、私は恐くて病院で治療を受けられない。」という…
トラックバック:1
コメント:28

続きを読むread more

父権主義(パターナリズム)と医療 1

  一昔前(?今でももちろん?)、医療における医療者患者関係が、親と子の関係性に類似するものであるとして、パターンリズムの弊害がいわれた。  父親と子供になぞらえられるごとく、医師が圧倒的な知識と知恵を持ち、患者は医師に頼り判断も委ねればよいというものだ。患者は余計なことは知る必要もない。  実は、医師だけでなく患者も医師を神格…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

オフカイ仲です。

昨夜、Galantさん、Omori-shさん、fkymhtsさんご夫妻の5人で off 会をもった。ブログで知り合ったという不思議な仲間との会であった。しかし、いざ会ってみるとまるで旧知の友人と会ったかのような不思議な感覚をもった。私が中高時代を過ごした神戸の言葉を話す人達との会であったせいかもしれない。 Galantさんは、その…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

簡単な医療ミスでも患者に伝えるべきか

先日、看護医療学部での授業「死後の身体変化について」の最初の30分を使って、以下のような設問のもとにグループ討議をしてもらった。異状死が出てくる授業であり、その報告に関連する設問であった。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 看護師Aさん(26歳)は、一般病院の内科病棟に勤務している。ある日、深夜…
トラックバック:5
コメント:18

続きを読むread more

現代社会の悪魔祓いとは

上田紀行さんの「スリランカの悪魔祓い」には、悪魔に魅入られ体や心の具合を悪くした人が、悪魔祓いという儀式をとおして、村人との関係性を回復していく様子が描かれています。悪魔祓いをうけるのは、病院に行ってもよくならなかった患者さんであり、お父さんが元気をなくし畑にも行けない、子供が学校をこわいと閉じこもってしまう、出産を控えた妻が毎夜悪夢を…
トラックバック:1
コメント:21

続きを読むread more

現代医療の呪文

何気なく放たれた医師の言葉が、患者さんに大きな影響を及ぼすことがあります。 C型の肝硬変の患者さんに対して、「あなたはそのうちに絶対に肝臓がんになる。」などと予言めいたことを平気で口にする医師がいます。その医師のもつ神経に驚かされますが、この時の絶対の使い方は、明らかに間違っています。 「そのような医師にさえ、絶対に死は訪れるの…
トラックバック:2
コメント:22

続きを読むread more