臨床パストラルケア第8回全国大会

11月12日―13日と名古屋で臨床パストラルケア教育研修センターの全国大会が開かれ、そこで講演をする機会を得た。キッペス先生が主宰する研究会の全国大会である。 http://www.pastoralcare-jp.net/pastoral/japanese/mousikomi/2005/zenkoku08/index.htm 昨年の今頃、東大のCOE「死生学の構築(リーダー島薗教授)」…

続きを読む

Comment (182)

夜のローソク行列

夜になってローソクの行列に参加した。ルルドの街中に並ぶ土産物屋で、長いローソクとその先に紙製の被いを買った。紙被いは提灯のような役目を果たし、賛美歌の詞が、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語などでそれぞれの言葉で書かれている。 聖堂と川の間にある広場には、ロウソクを手に持った人が次々と集まってきた。車椅子にのった患者さんが大勢参加しているのもルルドならではのことであろう。ヨーロッ…

続きを読む

Comment (5)

Accueil Notre-Dameノートルダムもてなしの施設

ツアーの最初の活動はルルドー Accueil Notre-Dame [もてなす施設]の見学から始まった。Accueilは病院でもホスピスでもない。ルルドを訪れる世界各地からの巡礼グループの患者さんのための宿泊施設といった方がよいだろう。  所長のジャクリーンさんが出迎え、施設の内容を話してくださった。質疑応答する時間も十分にいとった後、院内を案内していただいた。  言うまでもなく…

続きを読む

Comment (3)

ルルドに到着

フランクフルト空港で降りると、直ぐに乗り継いで、南フランスのツールズ空港に向かった。ルルドーはそこから更に南に向かいスペインの国境近くにある。 空港には大型のバスが待っており、快適なバスツアーとなる。バスの中ではマイクを使って参加者20人の自己紹介がおこなわれた。皆さんはそれぞれに色々な思いをもって、この研修旅行に参加されている。 牧師さんやシスターの方もいらっしゃり、クリスチャン…

続きを読む

Comment (2)

帰国

昨日、ルフトハンザ機によりフランクフルトから関西空港に着き、フランス・ドイツでの癒しの研修旅行より帰国した。 宿泊には、マリアフリーデンのエイズホスピスでの宿泊施設、スツッツガルトの修道院の宿泊施設、アウグスブルグの神学校の寄宿施設などを利用したため、ドイツ滞在中に殆どインターネットにアクセスができなかった。 朝の6時30分には活動が始まり、夜も9時過ぎまで研修があり、バスの中でもその時間を…

続きを読む

Comment (8)

「自然農法の農園では」 その2

「自然農法の農園では」について 何と一ヶ月以上にわたりコメントの続く人気記事となりました。と言うより、長友邦之さんのコーナーになっている感があります。 継続を期待して新しい場に移します。

続きを読む

Comment (109)

現代社会の悪魔祓いとは

上田紀行さんの「スリランカの悪魔祓い」には、悪魔に魅入られ体や心の具合を悪くした人が、悪魔祓いという儀式をとおして、村人との関係性を回復していく様子が描かれています。悪魔祓いをうけるのは、病院に行ってもよくならなかった患者さんであり、お父さんが元気をなくし畑にも行けない、子供が学校をこわいと閉じこもってしまう、出産を控えた妻が毎夜悪夢をみるなどを訴える人が対象です。 悪魔祓いというと、おど…

続きを読む

Comment (21)

現代医療とスピリチュアリティ   その3

スピリチュアルブームの到来?  最近、霊視などにより相談や助言をするスピリチュアル・カウンセラーがブームになり、テレビなどでもよく見かける。これらももちろんスピリチュアルであり、宗教にはそのような1面があり、私はそれらを否定しないが、現時点ではこのような意味でのスピリチュアルを医療の現場には持ち込まないほうがよいと考えている。 これらには偽者やまがいものが多く含まれており、スピリチュアルとい…

続きを読む

Comment (33)

現代医療とスピリチュアリティ  2

スピリチュアル・ケアの現状 スピリチュアルな痛みに対処することをスピリチュアル・ケアというが、欧米の諸国では、すでに国家の医療制度の中に公に組み込まれている。 例えば、ドイツでは連邦共和国基本法(憲法)の中で、医療施設でのスピリチュアル・ケアが保障されており、多くの医療施設に魂の配慮部(Seelsorge)が設置されている。 英国の医療施設にはパストラルケア部があり、英国の国家医療…

続きを読む

Comment (6)

現代医療とスピリチュアリティ

医療の中でスピリチュアリティを見直そうとする時代を迎えている。医療において科学万能とされてきた時代には、スピリチュアリティは排除されてきたが、今それが見直されようとしている。ここでは現代医療においてスピリチュアリティがどのようにとらえられているかについて述べ、宗際活動との関係についても触れる。 スピリチュアリティとは 医療においてスピリチュアリティという言葉が使われるのは、それ程の長い歴…

続きを読む

Comment (40)

大好きな皆様へ 死にゆく人からの最期の挨拶

長い間大変お世話になりました。 皆様と知り合うことができて、 本当にうれしかったです。 人生の半ばで、 まだまだ頑張らなければならない時に、 このようなことになってしまい、 心苦しく思っております。 ご心配をおかけして大変申し訳ありませんでした。 皆様のご親切と励まし、 ご好意に心から感謝いたします。 私は、病をもってからの方が、 以前より自分らしさが表現でき、 自然…

続きを読む

Comment (20)

柳澤先生の葬儀でのご挨拶

本日は、お忙しい中を、妻恵美のためにお集まりいただき、本当にありがとうございました。 恵美は11月14日午後5時5分、神様の御許へと旅立って行きました。 最期はおそらく苦痛はなく、静かに、安らかに家族全員で見送ることができました。 簡単に経過をご説明いたします。 妻の乳がんが見つかったのは、昨年の4月のことでした。 4月25日に手術を受けました。 手術の結果リンパ腺への転移が…

続きを読む

Comment (0)

亡父の20年祭で

父親が他界してよりもう20年になる。昨日、四国に日帰りで訪ね、20年祭を済ませてきた。教授就任を報告し、心から尊敬をすることのできる父親を持つことができた喜びを、私は父に伝えた。 """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""" 「患者の生き方」 より 病のもつ意味を考える …

続きを読む

Comment (7)

自然農法の農園では

時々コメントをしてくれている邦之さんの農場での話です。 meguさんの期待する「多様性の強さ」の話題とも関係します。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  以前より農業に対する興味はありましたが、なかなか接する機会はありませんでした。 私が神奈川県の自然農法の農園に寄せていただいたのは、10年来診ている拒食症の患者さんMさんに、何とか食べることに興味を持っても…

続きを読む

Comment (87)

今頃お花見?

昨日は、桜のお花見をしてきました。しかも、境内には残雪が。 札幌円山公園の隣、北海道神宮での風景です。 札幌ではこれからが春となるのです。 桜の後に梅が咲くとか聞きましたが、そんなことってあるのかと 不思議に思いました。 北海道の病院栄養士の研究会に招かれての講演でした。 90分間は長いですねとか言いながら、 内容を欲張りすぎて絞りきれず時間を超過する始末。 長くてすみま…

続きを読む

Comment (18)

明日は伊勢参りへ

今日は、三重県での肝臓病病態栄養研究会での講演に招かれて津市に来ている。ゴールデンウイークの最後の日だというのに、多くの参加者が集まり、肝臓病と栄養・運動・情報提供についてお話した。講演後には熱心な討議もいただいた。講演後に色々な意見をいただき、討論することも楽しみのひとつだ。 三重大学では、C型慢性肝炎の患者さんに鉄制限食を指導し、治療に成果をあげている。今度、鉄制限食のための本を出版予…

続きを読む

Comment (3)

がん患者へのサポート

本日の終末期病態学の授業に、ジャパン・ウエルネスの竹中文良先生にきていただくことができた。 竹中先生は、「医者が癌にかかったとき」を1991年に書かれた。自分が癌になるという転機から視点が医師から患者に移動をしたのだろう。その後、日赤の看護大学の教授をされていたが、退職後NPO法人のジャパン・ウエルネスをたちあげられた。ご自分の退職金など私財をなげうって、この活動を開始された、と親戚の片山先生…

続きを読む

Comment (4)

日本の宗教界の協力・協働作業の芽生え

 4月4日午後、教団付置研究所懇話会; 第1回「生命倫理・研究部会」が開かれた。わが国の宗教界各派の教えを研究する施設である教団付置研究所のメンバーが集まり話し合う会 「教団付置研究所懇話会」が発足した。その懇話会の最初の公式活動である第1回「生命倫理・研究部会」が、浄土宗総合研究所(港区増上寺内)を会場に開催された。  参加した研究所は16研究所から32人、オブザーバーを含めて39人が参加し…

続きを読む

Comment (3)

新学年の開始

 前回の記事より丸3日ほどご無沙汰しておりすみません。  4月1日より、新しい年度が始まりました。つまり、年末と正月が来ているわけですが、とりわけ今年は、異動があり、新しい職場での仕事の開始、カリキュラムの変更部分に関する手続き、新しい職場への引越しなどを抱えています。また、今までの仕事の延長でたまった期限遅れの原稿もいくつかあり、四苦八苦している状態です。  特に、明日は日本の宗教界の…

続きを読む

Comment (7)

現代医療とスピリチュアリティ

 第19回国際宗教学宗教史会議世界大会(http://www.l.u-tokyo.ac.jp/iahr2005/)が東京品川で開かれている。昨日のパネル「医療とスピリチュアリティ」(3月29日)でスピーカーの一人となった。宗教学という私にとっては場違いな学会であり、しかも英語による発表とあって、準備期間から緊張をしていた。  パネルの司会をつとめる上田紀行さんは、日本に癒しブームをつくった…

続きを読む

Comment (5)

キッペス先生、こんにちは

加藤先生。メールありがとうございました。お会いできるとうれしいです。 今月末、東京に行く予定があり、もし先生のご都合がよろしければ下記の日時の いづれかにぜひお願いします。 ① 1月29日(土)午後6時~ ② 29日(土)午前中~11時30分頃まで(四谷での会議) ③ 28日(金)午後6時~ (ホテルXXでの宿泊) 切符の手配などしますので、早めにご連絡いただければ助かります. …

続きを読む

Comment (14)