テーマ:肝臓病教室

ブログ13ヶ月 自由の広場

前回ブログ1周年を書いてから、この記事までに、 記事のアップが一つしかないことに気がついた。 MELITの方には、その間に8件の記事を書いているるので、 ブログの記事がMELITに移動していることになる。 MEELITはやや公的な性格を帯びてきているので、 このブログでは気楽な日常的な話題の記事を書いていきたいと思う。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「たぬき」 について

「「肝臓病教室のすすめ」 より」について どうも、私がたぬきだという話がいきなり出てきては、意味不明ですので、タヌキの由来をTBさせてもらいます。 http://bella-donna.at.webry.info/200602/article_1.html
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「個人情報保護法で厚労省  家族へ知らせるには患者の同意が必要」について

「個人情報保護法で厚労省  家族へ知らせるには患者の同意が必要」について sinさんへの返事が遅れていました。 sinさんの立場はよくわかりますし、個人情報保護法はよい変化であることと思います。しかし、法律だけで家族を無視して本人に告げるということが起これば、やはり医療の現場では混乱が起きることと思います。もっと、この事実(患者に先に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

キュアからケアへの移行ではなく、キュアの土台にあるケアを

 がんの末期管理など終末期の医療では、キュア(治療的医療行為)からケア(援助的医療行為)への移行ということがよく言われる。 そこには、キュアする術がなくなったからケアぐらいしかできないという思想が根底にある。しかし、ケアはキュアができなくなったから行うべきものであろうか。  本来、ケアは医療の根底に常にあるべきものであり、キュアが…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

サルートジェネシス(健康生成論) と 解決志向アプローチ

大阪で開かれた肝臓病教室アドバイザリーカンファレンスでの講演で、タイトルにあげた二つの方法論について簡単に紹介した。両方とも原因を追究せずに、解決の方法をより具体的な行動として捉えようとするところに共通点がある。私は双方ともに、永田勝太郎先生の主宰する研究会 「こころと体の痛み研究会」で知った。  サルートジェネシス(Saluto…
トラックバック:1
コメント:13

続きを読むread more

慶應義塾大学病院 肝臓病教室のおしらせ

肝臓病教室のお知らせ 慢性肝炎、肝硬変、肝臓癌などの慢性肝臓病をかかえる患者さんを対象に、肝臓病に関する情報を提供する教室を開催しています。下記のスケジュールで行いますので、興味や関心のある方は是非ご出席下さい。家族の方の参加も歓迎いたします。 参加費は無料です。特に事前の登録は行っていません。自由に参加してください。当日会場には筆…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

「がん患者のための情報センター」を について

面白いアイデアですね。 このようなものができるとよいですね。 ところで、このセンターの経営母体はどの様にお考えでしょうか。国立や官僚が天下り先の機関でないことを、私はのぞみます。 http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3055848
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「肝臓病生活指導テキスト」 のご紹介ありがとうございます。

 sin さん 生活指導テキストの紹介ありがとうございます。ブログを開いてから、自分でも驚くほどのアクセスがあります。 もちろんアクセスしたのは誰なのかは判りませんが、sin さんの記事やブログからの経由が多いことだけはわかりました。  それだけ患者さんの中でも情報の提供が求められているということなのでしょう。今まで自分の病院でない患…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

個人情報保護法で厚労省  家族へ知らせるには患者の同意が必要

今年の4月からは家族が先ではなくて、先ず患者さんに病状を告げて 本人の了解が得られれば家族にも告げてよいという順番になるという。 1月31日の共同通信の記事に書かれている。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050131-00000231-kyodo-soci まさに、自己決定権を重んじ…
トラックバック:2
コメント:12

続きを読むread more

[肝臓病生活指導テキスト] の紹介

肝臓病教室が普及するに従い、そこで生活指導をする人向けのテキストが求められていた。従来の教科書では生活指導に詳しく触れられたものは少ない。 そこで、若手医師、栄養士、看護師などを対象に肝臓病教室で話す内容をまとめたのがこの本である。 肝臓病をもつ患者さんにも読めるようにと平易な表現をこころがけた。肝臓病で悩む患者さんにも是非お読みい…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

肝臓病教室アドバイザリーカンファレンス 大阪 開かれる 

大阪にて肝臓病教室を開こうとする20施設約80名の病院の医師、栄養士、看護師、薬剤師などの集会が開かれた。大阪厚生年金病院や大阪医療センターなど、もうすでに開いている施設の報告があった。それぞれ準備のために多くのスタッフが集まり、立派な教室を開いている。色々な施設でそれぞれの特徴のある教室を開かれればよいのだと思う。あれだけのチームで運…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ご紹介ありがとうございます。

慶應大学で肝臓病教室の普及に努めている加藤です。 肝臓病教室を普及させるためには、医師や医療関係者へ訴えるだけではなく、患者さんにもそのことを要求してもらいたいと考え、「患者の生き方」を出版しました。医療関係者の中にも教室をやろうと興味を示してくれる人が増えています。しかし、保険で点数化されていない行為は経済的に収入につながらないため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪地区でもりあがる肝臓病教室

大阪は肝臓病教室が日本中の中でも最も盛り上がっている地区だ。 昨年も4回ほど大阪での講演に招かれた。 今日も大阪大学第二内科の肝臓病を専門とする医師の集まりに招かれ、千里で肝臓病教室に関する講演をさせていただいた。 明日は、肝臓病教室を開いている病院の医療関係者の集まりがある。 なぜ大阪でこの様に盛り上がるのかと、考えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「肝臓病教室のすすめ」 より

(あとがきより)  情報網波乗狸考 肝臓病教室用のスライドの中にマスコット動物としてタヌキがでてきます。その由来について、当節流行の情報網波乗りにより解説したいと思います。 私の生まれ故郷四国は,タヌキ合戦があったことで有名です。出生の地、阿波の小松島市には今も正義感の強かった大将として金長タヌキがあがめられ(http…
トラックバック:2
コメント:11

続きを読むread more