2019年5月 公開講座「患者学」開催のお知らせ

5月18日土曜日14時から 慶應大学信濃町キャンパス孝養舎の202教室にて 公開講座患者学を開催いたします。 今回のテーマは「地域包括ケアとまちづくり」 麗澤大学客員教授、元内閣官房地域活性化統合事務局長の 内田要氏に話題提供をしていただきます。 これからの医療を考える上で、まちづくりが大切になると考えられますが、 どのようにまちづくりは展開されていくのか、 患者はそこで何を望むのか、 医療者はどう参加していくのか、 行政はどのようにすすんでいくのかなど 大切な内容が沢山含まれることと思います。  どうぞご参加下さい。 この講座は、医療における問題を市民・患者と医療者・学生が 水平な立場で対話をできることを目指すための練習の場を提供することを目的としています。 どなたでも参加を歓迎致します。 どうぞご参加下さい。

続きを読む

2019年4月 公開講座「患者学」開催のお知らせ

2018年4月の公開講座患者学を下記の要領で開催します。  年度の開始にあたって、傾聴をテーマとしたワークショップ形式で行います。 どなたでも参加可能です。歓迎致します。 4月21日(日)午後2時から6時まで 慶應大学信濃町キャンパス孝養舎2階 202教室 本講座は、市民・患者と医療者・学生が水平な立場で対話をできることを目指すための練習の場です。 今回の市民公開講座「患者学」は 対話をテーマとした傾聴です。実践傾聴を長年指導されてきた後庵正治先生にワークショップをオーガナイズしていただきます。どうぞ、ご参加下さい。

続きを読む

2019年度公開講座「患者学」   今後の予定

2019年度の市民公開講座「患者学」が始まります。 年度の初回は例年のように傾聴のワークショップです。 2回目以降も魅力的な話題提供者をお招きしています。 どうぞ、ご参加下さい。どなたでも自由に参加できます。 4月例会;  4月21日日曜日 14時から18時   「傾聴実践ワークショップ」 後庵正治氏  (NPO法人 P.L.A 理事長) 5月例会;  5月18日土曜日 14時から17時   「まちづくりから見た地域包括ケア」   内田要氏  (元内閣官房地域活性化統合事務局長、不動産協会副理事長) 6月例会;  6月2日日曜日 14時から17時 「困難に直面する人のもつ強さ(仮題)」   安田奈津紀氏  (フォトジャーナリスト、TBSテレビ『サンデーモーニング』にコメンテーターとして出演中。) 7月例会; 7月4日木曜日 18時から21時 「患者の力;  アメリカの多様な患者会をみてきて」 堤 史織 (看護師、東京工大大学院性)

続きを読む

2019年1月 公開講座「患者学」 開催のお知らせ

2019年1月の公開講座「患者学」は 1月26日土曜日14時から 慶應大学信濃町キャンパス孝養舎の202教室にて開催いたします。 テーマは「受診サポーター」についてです。 千葉県にて市民活動団体地域ケアパートナー ほっと の代表をされ受診サポーターとして活躍されている藤井直枝氏に来ていただき話題提供をお願いしています。 この講座は、医療における問題を市民・患者と医療者・学生が水平な立場で対話をできることを目指すための練習の場を提供することを目的としています。 どなたでも参加を歓迎致します。 どうぞご参加下さい。

続きを読む

2019年1月 公開講座「患者学」開催のお知らせ

2019年1月の公開講座患者学(第51回)は 2019年1月26日土曜日14時から 信濃町キャンパス・孝養舎・202教室にて開催いたします。 テーマは「受診サポーター」です。 千葉県で活動されている市民活動団体地域ケアパートナー ほっと の代表藤井直枝さまに話題を提供していただきます。 受診サポーターとは何か、受診サポータとして医療と関わる中で見つけた 問題点などを紹介していただき、その後に対話の会をもちたいと考えています。 この講座は、医療における問題を市民・患者と医療者・学生が 水平な立場で対話をできることを目指すための練習の場を提供することを目的としています。 どなたでも参加を歓迎致します。 どうぞご参加下さい。

続きを読む

2018年10月 公開講座「患者学」開催のお知らせ

2018年秋学期公開講座患者学は 10月2日火曜日18時から 信濃町キャンパス孝養舎405教室にて開催いたします。 なお、以前に9月30日とお知らせしていた分は休会となります。 テーマは「医療コーティネーターのはたらき」です。 認定医療コーディネーター 菊池友江さんに話題提供をお願いしています。 この講座は、医療における問題を市民・患者と医療者・学生が水平な立場で対話をできることを目指すための練習の場を提供することを目的としています。 どなたでも参加を歓迎致します。 どうぞご参加下さい。 どうぞ、ご参加下さい。

続きを読む

2018年8月 公開講座「患者学」開催のお知らせ

2018年8月の公開講座患者学を下記の要領で開催します。  この講座では、市民・患者と医療者・学生が水平な立場で対話をできることを目指すための練習の場を提供します。 どなたでも参加を歓迎致します。 どうぞご参加下さい。 日時;  8月7日(火)午後18時から21時まで 場所;  慶應大学信濃町キャンパス孝養舎 4階405教室にて 今回は、海外でドゥーラとして活躍されてきた木村彰鼓さんにその体験談を話していただき 後半ではワールドカフェスタイルでのグループ対話を行います。 どうぞ、ご参加下さい。

続きを読む

2018年7月 公開講座「患者学」開催のお知らせ

2018年7月の公開講座患者学を下記の要領で開催します。  この講座では、市民・患者と医療者・学生が水平な立場で対話をできることを目指すための練習の場を提供します。 どなたでも参加を歓迎致します。 どうぞご参加下さい。 日時;  7月29日(日)午後2時から5時まで 場所;  慶應大学信濃町キャンパス孝養舎 4階405教室にて 今回は、米国に在住しているときに肺高血圧を診断された蒔田さんに体験談を話していただき その後にワールドカフェスタイルでのグループ対話を行います。 皆さんのご参加をお待ちしています。

続きを読む

公開講座「患者学」 今後の予定

公開講座「患者学」の今後の予定は以下の通りです。 7月29日 日曜日 8月7日 火曜日 9月30日 日曜日 10月14日 日曜日 11月11日 日曜日 12月16日 日曜日 詳細が決まり次第その月の講演者やテーマをお知らせします。

続きを読む

2018年5月 公開講座「患者学」開催のお知らせ

2018年5月月の公開講座患者学を下記の要領で開催します。  この講座は、市民・患者と医療者・学生が水平な立場で対話をできることを目指すための練習の場です。 どなたでも参加を歓迎致します。 どうぞご参加下さい。 日時;  5月27日(日)午後2時から5時まで 場所;  慶應大学信濃町キャンパス孝養舎 2階202教室にて 今回は、潰瘍性大腸炎を患った患者さんとしての体験談をおおちゃんに話していただき その後にワールドカフェスタイルでのグループ対話を行います。 皆さんのご参加をお待ちしています。

続きを読む

2018年4月 公開講座「患者学」開催のお知らせ

2018年4月の公開講座患者学を下記の要領で開催します。  どなたでも参加を歓迎致します。 4月21日(土)午後2時から6時まで 慶應大学信濃町キャンパス孝養舎マルチメディアカンファレンス室にて この講座は、市民・患者と医療者・学生が水平な立場で対話をできることを目指すための練習の場です。 どなたでも参加を歓迎致します。 市民公開講座「患者学」は 対話をテーマとしていますが、新学年度の開始にあたって4月の例会は傾聴をテーマとしたワークショップを開催します。後庵正治先生にワークショップをオーガナイズしていただきます。 関心のあるかたはどうぞご参加下さい。

続きを読む

2018年2月 公開講座「患者学」 例会のお知らせ

2018年2月の公開講座患者学を下記の要領で開催します。 どなたでも参加可能です。歓迎致します。 2月24日(土)午後2時から5時まで 慶應大学信濃町キャンパス孝養舎202教室にて この講座は、市民・患者と医療者・学生が水平な立場で対話をできることを目指すための練習の場です。 どなたでも参加が可能です。 2月の市民公開講座「患者学」は 、統合医療学会理事 MOA東京療院院長の鈴木清志医師に講演していただきます。 統合医療とコミュニティづくりがテーマで。関心のあるかたはどうぞご参加下さい。 お待ちしています。

続きを読む

2018年1月 公開講座「患者学」 例会のお知らせ

2018年1月の公開講座患者学を下記の要領で開催します。 どなたでも参加可能です。歓迎致します。 1月28日(日)午後2時から5時まで 慶應大学信濃町キャンパス孝養舎202教室にて この講座は、市民・患者と医療者・学生が水平な立場で対話をできることを目指すための練習の場です。 どなたでも参加が可能です。 1月の市民公開講座「患者学」は 、NPO法人「さくらの会」理事の川口有美子さんに講演をしていただきます。 ALSの家族を支えてきた川口さんは、その後もALSの患者さんを支える活動を続けておられます。その活動の中で感じた「病気を飼い慣らして楽しく暮らす」というタイトルの下に講演をしていただきます。その後に、講座に参加された色々な立場の人によるワールドカフェスタイルの対話を行います。 どうぞご参加下さい。お待ちしています。

続きを読む

2017年12月 市民公開講座 「患者学」 例会のお知らせ

12月の市民公開講座「患者学」は 、北海道難病連の理事である増田靖子さんに講演をしていただきます。 ご自分も難病を持ちながら患者会、そして北海道難病連のお世話をしてきた増田さんから、医療現場での患者のつぶやき声を伝えていただきます。その後に、色々な立場の人がワールドカフェスタイルで対話をします。 12月17日(日)午後14時から慶應大学信濃町キャンパス孝養舎202教室において開催します。 この講座は、市民・患者と医療者・学生が水平な立場で対話をできることを目指すための練習の場です。どなたでも参加が可能です。

続きを読む

市民公開講座「患者学」 11月例会のお知らせ

11月の市民公開講座「患者学」は 、音の現場の研究者でもあり、伝えるライターでもある山崎広子さんに話題を提供してもらいます。 「8割の人は自分の声が嫌い」(角川新書)の著者でもあり、NHKラジオ講座「こころを読む」で「人生を変える声の力」(2017年4月から6月)を講演された方でもあります。 コミュニケーションにおける声の重要性についてお話しいただき、そんな話を前半に、後半は皆さんの対話で医療の現場でよりよいコミュニケーションをするためにどうすればよいか、何ができるのかを考えたいと思います。皆さん、どうぞ、ご参加下さい。 11月18日(土)午後14時から慶應大学信濃町キャンパス孝養舎202教室において開催します。 この講座は、市民・患者と医療者・学生が水平な立場で対話をできることを目指すための練習の場です。 どなたでも参加が可能です。 なお、11月例会は大勢の参加が予想されるため、前半で講演を聴くだけではなく、後半の対話にも参加ができる方のみを参加できることに致します。

続きを読む

市民公開講座 「患者学」10月例会のお知らせ

10月の市民公開講座「患者学」は 肺高血圧症の患者でもある重藤啓子さんに話題を提供してもらいます。 日頃、元気にあふれる重藤さんも患者として落ち込むことがあるそうです。そんな話を前半に、後半は皆さんの対話でどう乗り越えるかを考えます。どうぞ、ご参加下さい。 10月22日(日)午後14時から慶應大学信濃町キャンパス孝養舎202教室において開催します。 講座は、市民・患者と医療者・学生が水平な立場で対話をできることを目指すための練習の場です。 どなたでも参加が可能です。

続きを読む

市民公開講座「患者学」9月例会のお知らせ

市民公開講座「患者学」9月例会を9月16日(土)午後14時から開催します。 講座は、市民・患者と医療者が水平な立場で対話をできることを目指すための練習の場です。 今回は、対話のための基礎作りとして、傾聴をテーマにします。NPO法人 PLA (パートナーシップ アンド リスニング アソシエーション)理事長の後庵正治先生にワークショップをお願いしています。 傾聴について学びたい人、関心がある人はどうぞご参加下さい。

続きを読む

市民公開講座「患者学」 8月例会のお知らせ

「大学教授ががんになってわかったこと」(幻冬舎新書)の山口仲美先生をお迎えします。患者として、医療者とどのようにコミュニケーションをとっていくのか、どのように医療情報を集めたかなどを話していただきます。 8月19日(土)午後14時から慶應大学信濃町キャンパス孝養舎において開催します。 講座は、市民・患者と医療者が水平な立場で対話をできることを目指すための練習の場です。 どなたでも参加が可能です。

続きを読む

市民公開講座「患者学」 8月例会

市民公開講座「患者学」8月例会を8月19日(土)午後14時から開催します。 講座は、市民・患者と医療者が水平な立場で対話をできることを目指すための練習の場です。 8月例会は、膵臓ガンや大腸がんを経験された山口仲美氏に前半の講演をお願いしています。 https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E6%95%99%E6%8E%88%E3%81%8C%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%93%E3%81%A8-%E5%B9%BB%E5%86%AC%E8%88%8E%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%B1%B1%E5%8F%A3-%E4%BB%B2%E7%BE%8E/dp/4344983440 なお、9月は16日土曜日に開催を予定しています。 どなたでも参加を歓迎します。

続きを読む

市民公開講座「患者学」 7月例会のお知らせ

市民公開講座「患者学」7月例会を7月30日(日)午後14時から開催します。 講座は、市民・患者と医療者が水平な立場で対話をできることを目指すための練習の場です。 今回は余命1ヶ月と告知された後に、見事に克服された医師保田賢児氏に前半の講演をお願いしています。 なお、8月は19日土曜日に、9月は16日土曜日に開催を予定しています。 どなたでも参加を歓迎します。

続きを読む

市民公開講座「患者学」 6月例会のお知らせ

 市民公開講座「患者学」6月例会を開催します。 前半は矢内純子氏に講演をお願いしています。 「ワラをもつかみたい患者とクモの糸」と題して、患者の心理と、患者と医療者の関係性について考えます。 患者、医療者、医療系学生だけでなく、一般市民にも公開しています。 どなたでも歓迎致します。

続きを読む

市民公開講座「患者学」 5月例会のお知らせ

 5月の市民公開講座「患者学」は、前半に透析を長年続けておられる 宿野部武志氏に講演をお願いしています。 「おまかせではない医療」について考えたいと思います。 患者、医療者、医療系学生だけでなく、一般市民にも公開しておりどなたでも参加可能です。歓迎致します。

続きを読む

公開講座 「患者学」のお知らせ

市民公開講座 「患者学」4月例会を開催します。 本年度から土曜日の午後に開催となります。月に一回の開催予定とします。 4月15日、5月27日、6月17日、7月29日、8月19日と予定しています。 今回は、患者の権利オンブズマンとして活躍されてきた大山正夫氏に講演していただきます。 患者と医療者の関係性を考える上で、人権の視点から話題を提供していただき その後に、ワールドカフェスタイルで患者と医療者、市民と学生などがテーブルで対話をします。 どうぞご参加下さい。

続きを読む

市民公開講座 「患者学」の開催 

市民公開講座 「患者学」 を開催します。 今回は、患者自助活動に参加し病気を克服された会社員岡田秀樹氏をお招きし、講演をしてもらいます。岡田氏は自助グループ活動の本場米国での集会にも参加してきたそうです。患者の自助グループ活動の意味について考えてみたいと思います。  どなたでも参加可能です。どうぞご参加下さい。

続きを読む

市民公開講座 「患者学」 2017年1月例会のお知らせ

明けましておめでとうございます。 2017年最初の市民公開講座は鍼灸師として在宅医療の分野でも活躍されている松浦正人様に講演をいただき、その後にワールドカフェスタイルの対話をおこないます。 代替補完医療の中でも最もエビデンスをもつ鍼灸師の活動について話してもらい、今後の医療でどのように活用できるのかを考えてみたいと思います。 どうぞご参加下さい。

続きを読む

「市民のための患者学」  東洋経済オンラインにて配信を開始しました。

この1-2年、市民のための患者学を発信したいと考えていましたが、色々な偶然が重なり、東洋経済オンラインから配信することになりました。 自律する市民のためのものであり、わたしはダイヤモンドか東洋経済かど読者層に発信したいと考えていましたので、それが実現することになりました。 http://toyokeizai.net/articles/-/143366 オンラインで発信できると、色々なメリットがあります。 1つ目は、無料で読んでもらえるためお薦めしやすいこと。 2つ目は、過去にさかのぼって呼んでもらえること。紙媒体の雑誌であれば、中古本を手に入れなければいけませんが、オンラインであればそのままアーカイブされます。 3つ目は、ネットを利用している人に呼んでもらえること。患者学では情報を自分で採りいれ取捨選択することもすすめていますが、ネットを利用する習慣のない人にはそれが難しい。 4つ目は、東洋経済オンラインの読者に目に触れること。 などです。  また、アップすると、その日からどれだけ読まれているのかが、1時間、24時間、1週間、1ヶ月単位でアクセス数が示されます。これはよくできたシステムです。 その日のアクセスの多かった記事、1週間で面白かった記事へと次第に移行していきます。  ちなみに、わたしの第1回目の記事は、1時間と24時間は アクセス1位までいった時期があり、その後は1週間で6位ぐらいまで上がりました。1ヶ月で15位以内に入…

続きを読む

公開講座「患者学」 11月例会のお知らせ

公開講座「患者学」2016年11月例会を11月17日に開催します。 「患者に学ぶ・患者も学ぶ」をスローガンにグループ内で対話を行う会です。 今回は矢内純子氏に話題提供をしていただきます。 どなたでも参加可能・無料です。 医療の中における人間の関係性に関心のあるかたご参加下さい。

続きを読む

公開講座「患者学」 11月例会のお知らせ

公開講座「患者学」は 2016年11月17日木曜日 18時から21時まで 慶應義塾大学信濃町キャンパス孝養舎にて https://www.keio.ac.jp/ja/maps/shinanomachi.html 11番の建物です。 開催致します。 今回の話題提供者は矢内純子様です。 その後に、ワールドカフェスタイルでの対話をします。 どなたも参加自由です。 開催の趣旨は以下の通りです。 https://www.facebook.com/notes/shinzo-kato/%E5%B8%82%E6%B0%91%E5%8F%82%E5%8A%A0%E5%AF%BE%E8%A9%B1%E5%9E%8B%E5%85%AC%E9%96%8B%E8%AC%9B%E5%BA%A7%E6%82%A3%E8%80%85%E5%AD%A6-%E6%82%A3%E8%80%85%E3%81%AB%E5%AD%A6%E3%81%B6%E6%82%A3%E8%80%85%E3%82%82%E5%AD%A6%E3%81%B6/702432293168663/

続きを読む

公開講座「患者学」のお知らせ

  ==================================================== 次回公開講座「患者学」の開催 日時;2016年8月4日木曜日18時から 場所;慶應義塾大学信濃町キャンパス 孝養舎2階 202教室 参加費: 無料 参加資格: どなたも歓迎します。 公開講座患者学7月の開催は、期末試験の期間と重なるため、8月4日へと変更します。 8月例会は夏休みで休会とします。 前半の話題提供の講師は、加藤眞三がつとめます。 「医師頭の発想とその対策」 というタイトルで、 医師はどうしてその様に考えるのか、あるいは行動するのか その発想法について、分析し説明致します。 後半は、ワールドカフェスタイルで、 学生と医療者、市民と学生がテーブルを囲んだ対話の場とします。 テーマは「医師頭とのつきあい方」です。 どなたの参加も自由です。参加費無料 色々な立場の方の意見が聴かれることに価値があります。 どうぞ、奮ってご参加下さい。

続きを読む

市民公開講座 患者学 の開催  2016年5月例会

5月19日 公開講座「患者学」定例会を開催します。 今回のテーマは、患者と医師(医療者)との関係性です。  肺高血圧症患者の重藤啓子さんに話題提供をしていただき、その後ワールドカフェスタイルで対話をします。 どなたでも参加を歓迎致します。

続きを読む