第3回 いのちの研究会シリーズセミナー 「無意識の扉を開く」の録画公開

第3回目は2022年7月10日に、岐阜県垂井市の半兵衛がガーデンにて開催しました。町田宗鳳が「無意識の扉を開く」をテーマに基調講演をおこない、島薗進、鎌田東二、上田紀行、加藤眞三の計5人によるパネルディスカッション、会場やオンライン参加の方と質疑応答をいたしました。 どうぞご視聴下さい。 https://youtu.be/ipY4VnGhXi4

続きを読む

第3回いのちの研究会 シリーズセミナーのお知らせ

第3回目のいのちの研究会シリーズセミナーを7月10日(日曜日)午後13時に岐阜県垂井町の半兵衛ガーデンにて開催します。会場はJR東海道線垂井駅より徒歩2分です。下記の地図を参考にして下さい。 今回は町田宗鳳氏による基調講演「無意識の扉を開く」の後、パネリストによる発言、質疑応答をすることになります。 参加費は無料です。 現地での参加も可能ですが、定員(最大50名)があるために、事前に申し込…

続きを読む

第2回「いのちの研究会」シリーズセミナーの開催

第2回「いのちの研究会」シリーズセミナーを下記の要領で開催します。 テーマ 「現代スピリチュアリティの多様性」  開催日時;2022年2月27日13:00より(12:30開場)開催場所;MOA美術館 能楽堂(熱海市)会場参加定員 100名           Zoomミーティングでの参加定員 200名             プログラム         総合司会 町田宗鳳13:00−13:…

続きを読む

ジェネリック薬品には要注意

最近急速に増えているジェネリック薬品の問題点について書きました。 薬を服用している方は、どうぞお読み下さい。 https://toyokeizai.net/articles/-/458642?fbclid=IwAR0Hq2lNvaCyNkX2iDRgAp3eZq9zAYSLiF2xy5NKh3AucMcqejOMvLXXyY4

続きを読む

いのちの研究会 シリーズセミナー「アフターコロナ時代のいのちとケアの文明にむけて」 第1回の開催のお知らせ

2021年9月吉日「いのちの研究会」シリーズセミナー「アフターコロナ時代のいのちとケアの文明にむけて」シリーズセミナー開催の経緯と趣旨 「いのちの研究会」は町田宗鳳が2002年から2005年にかけて科学研究費基盤研究(B)の「脳死・臓器移植に関する比較宗教学的研究」のために結成した研究者チームの名称です。その研究概要には以下のような言葉でくくられています。「科研費助成による本研究は、一応終止符を…

続きを読む

慶應義塾大学での最終講義

慶應義塾大学での最終講義が大学のHPにアーカイブされました。 2021年3月2日に慶應義塾大学信濃町キャンパスにて行われたものです。 ヒトへの医療から人間への医療へというタイトルでお話ししました。 医療関係者だけではなく、一般の方にも聴いていただきたい内容にしています。 約Ⅰ時間と長いですが、お時間のあるときにご視聴下さい。 https://gakkai.sfc.keio.ac…

続きを読む

第二の人生を歩み始めました

時の経つのは早いもので、本年3月末にて慶應義塾を定年退職しました。慶應大学には合計で34年間勤務していたことになります。1994年からは、医学部内科学教室消化器内科専任講師として、2005年からは看護医療学部教授として、母校で教職をいただいていたことはとても幸せなことでした。退職後は、より一層自由な身となりますので、自分の本当にしたいことをやっていきたいと考えています。 一つは、スピリチュアル…

続きを読む

YouTubeに市民のための患者学を開講しました

昨日より、市民のための患者学をYouTube 上に開講しました。 約1年前から計画をたてはじめ、本年元旦からと思っていたのですが、思った以上にハードルが高く、準備に手間どりましたが、何とか3月にアップすることになりました。 あと、1年で大学を定年退職するという時期でもあり、動画での情報発信の場をインターネット上にと考えていた次第です。教育系YouTubeという分野が盛り上がりつつある時期でも…

続きを読む

マスクの不足で心配な人のために

使い捨てマスクは、当然使い捨てにすることが正論だが、それがたとえ月産6億となったとしても、一億人が対象とすると6枚しか手に入りませんしたがって、一枚を5日間は使わないと、一億人の使用量が生産量内にはおさまらない。つまり、日本の市民が全員が使い捨てマスクを使い捨てとして使用する事はできないことは自明の理です。 実際に、マスクが手に入りにくい現在、一般市民の皆さんが使い回ししていることは暗黙の…

続きを読む

市民公開講座 患者学 2月例会

2月の公開講座患者学は、2月9日日曜日に開催します。 日時;2020年2月9日14時から17時 場所;  慶應大学信濃町キャンパス 臨床研究棟1階ラウンジ テーマは「患者会活動の光と影」 通称 篤姫さんに話題提供をしていただきます。 どなたも参加可能です。どうぞご参加下さい。 https://www.keio.ac.jp/ja/maps/shi…

続きを読む

2020年1月 市民公開講座「患者学」開催のお知らせ

2020年最初の公開講座患者学を以下の予定で開催します。 どうぞ、ふるってご参加下さい。 時:2020年1月25日土曜日 15時から18時 所:慶應義塾大学信濃町キャンパス 孝養舎 202教室 今回は、音楽プロデューサーでボイストレーナーのミニー P氏に 「人に伝えるための声の出し方」をテーマに ワークショップスタイルで話題提供していただきます。 ミニーP氏は「…

続きを読む

2019年12月 公開講座「患者学」開催のお知らせ

2019年最後の公開講座患者学を以下の予定で開催します。 どうぞご参加下さい。 時:2019年12月22日日曜日 14時から17時 所:慶應義塾大学信濃町キャンパス 孝養舎 405教室 今回は、俳優の高田敏江氏に「いのちの大切さを考える」 で話題提供をしていただき、 その後にワールドカフェスタイルでの対話とします。 戦争に反対をし、いのちの大切さを訴える活動を続…

続きを読む

新刊本のお知らせ;肝臓専門医が教える病気になる飲み方、ならない飲み方 ビジネス社

健康を害する危険の少ない飲み方について解説しました。 トータルのアルコールとして同じ量を飲んでいたとしても、色んな工夫はあります。 そんな工夫についても説明しました。 自分の飲酒量が多いのではないかとお悩みの方、ご主人やボーイフレンドが飲み過ぎで心配な方、職場で飲み過ぎの方がいて心配な方は、是非一読下さい。 https://www.amazon.co.jp…

続きを読む

2019年11月 公開講座「患者学」開催のお知らせ

2019年10月 公開講座「患者学」開催のお知らせ 2019年11月30日土曜日 14時から17時 慶應大学信濃町キャンパス孝養舎4階405教室にて 公開講座患者学を開催いたします。 今回は、LGBTアクティビストの増原ひろこ氏に 『自分らしく生きられる環境』を考える  〜LGBT経験の学びから〜 とのタイトルで話題提供をしていただき、 その後にワールドカフェスタ…

続きを読む

2019年10月 公開講座「患者学」開催のお知らせ

2019年10月 公開講座「患者学」開催のお知らせ 10月の講演会は会場の都合で、11月4日に変更になりました。 11月4日月曜日祝日 14時から 慶應大学信濃町キャンパス孝養舎の202教室にて 公開講座患者学を開催いたします。 今回は、上田肇氏に話題提供をしていただき、その後にワールドカフェスタイルでの対話となります。 「成長する患者会とは?」というタイトルで講演をして…

続きを読む

2019年9月 公開講座「患者学」開催のお知らせ

2019年9月 公開講座「患者学」開催のお知らせ 9月29日日曜日14時から 慶應大学信濃町キャンパス孝養舎の202教室にて 公開講座患者学を開催いたします。 今回は、木村利人先生に講演をいただき、その後にワールドカフェスタイルでの対話となります。 「患者中心の医療を考える〜生命倫理の視座から〜」というタイトルで講演をしていただきます。 木村利人氏は早稲田大学名誉教授…

続きを読む

医療におけるエキスパート患者の役割  BMJ誌より

2019年8月14日発行の英国医師会雑誌にエキスパート患者であるパオラ・クルーガーさんの記事が掲載されています。日本の医療にとっても重要な記事と思われるため、日本訳をつけました。エキスパート患者の活躍が日本でも望まれます。どうぞ、お読み下さい。 パオラ・クルーガー: 医療チームにおけるエキスパート患者の役割 BMJopinion (英国医師会雑誌)  2019年8月14日 …

続きを読む

第50回「慢性病患者ごった煮会」開催のお知らせ

「慢性病患者ごった煮会」は、慢性病(がんを含む)や難病をもつ方が、疾患臓器や疾患名にとらわれずに集い、自分たちの苦しんでいること、不安などについて話すことができる場を提供することを目的に隔月に開催しています。 今回、第50回目の開催を迎えることになりました。 病を抱えていながらも前向きに生きていけるために成長する場となることをめざして開催しています。 患者だけでなく、患者家族、…

続きを読む

2019年8月 公開講座「患者学」開催のお知らせ

2019年8月の公開講座患者学を下記の要領で開催します。  日時;8月1日(木)午後18時から21時まで 場所;慶應大学信濃町キャンパス孝養舎 2階202教室 昨年8月に引き続き、現在、海外フランスでドゥーラとして活躍されている木村彰鼓さんに、その体験談を話していただきます。 後半ではワールドカフェスタイルでのグループ対話を行います。 ドゥーラとは、お産を経…

続きを読む

2019年7月 公開講座「患者学」 開催のお知らせ

7月4日木曜日18時から慶應大学信濃町キャンパス孝養舎の202教室にて開催いたします。 今回は、本大学を卒業した看護師であり、現在、東京工業大学大学院生として研究中でもある堤(旧姓加藤)史織氏に話題提供をしていただきます。 前半の講演テーマは「患者の力;アメリカの多様な患者会をみてきて」です。後半は、患者のもつ力について、ワールドカフェスタイルでの対話をします。 この講座は…

続きを読む

公開講座「患者学」 6月例会のお知らせ

2019年6月例会のお知らせ 5月例会からあまり間がありませんが、6月にはフォトジャーナリスト安田菜津紀さんをゲストとしてお迎えし公開講座患者学を開催します。 日時:2019年6月2日日曜日14時から開催(13時30分開場) 場所: 慶應義塾大学信濃町キャンパス 孝養舎2階 202教室 参加費: 無料 講演タイトルは 「ファインダー越しに見つめた世界」です。 …

続きを読む

2019年5月 公開講座「患者学」開催のお知らせ

5月18日土曜日14時から 慶應大学信濃町キャンパス孝養舎の202教室にて 公開講座患者学を開催いたします。 今回のテーマは「地域包括ケアとまちづくり」 麗澤大学客員教授、元内閣官房地域活性化統合事務局長の 内田要氏に話題提供をしていただきます。 これからの医療を考える上で、まちづくりが大切になると考えられますが、 どのようにまちづくりは展開されていくのか、…

続きを読む

2019年4月 公開講座「患者学」開催のお知らせ

2018年4月の公開講座患者学を下記の要領で開催します。  年度の開始にあたって、傾聴をテーマとしたワークショップ形式で行います。 どなたでも参加可能です。歓迎致します。 4月21日(日)午後2時から6時まで 慶應大学信濃町キャンパス孝養舎2階 202教室 本講座は、市民・患者と医療者・学生が水平な立場で対話をできることを目指すための練習の場です。 今回の市民…

続きを読む

2019年度公開講座「患者学」   今後の予定

2019年度の市民公開講座「患者学」が始まります。 年度の初回は例年のように傾聴のワークショップです。 2回目以降も魅力的な話題提供者をお招きしています。 どうぞ、ご参加下さい。どなたでも自由に参加できます。 4月例会;  4月21日日曜日 14時から18時   「傾聴実践ワークショップ」 後庵正治氏  (NPO法人 P.L.A 理事長) 5月例会;  5月18…

続きを読む

2019年3月 公開講座「患者学」 開催のお知らせ

3月16日土曜日14時から慶應大学信濃町キャンパス孝養舎の202教室にて開催いたします。 テーマは「自己肯定感の育てかた」です。 今回は、精神神経科医師であり、臨済宗林香寺住職でもある川野泰周氏に話題提供をしていただきます。 講演タイトルは「自己肯定感と慈悲心」です。 川野氏は臨済宗の僧侶でもあり、精神神経科医師でもあり、マインドフルネスの普及に努められています。…

続きを読む

2019年2月 公開講座「患者学」 開催のお知らせ

2月23日土曜日14時から慶應大学信濃町キャンパス孝養舎の202教室にて開催いたします。 テーマは「自主性と対話」です。 今回は、幼児教育に造詣の深い安威誠氏(公益財団法人 才能開発教育研究財団 常務理事)に 話題提供していただきます。 講演タイトルは 「幼児教育と患者学 ~子どもも患者も主体的、対話的で深い学びが効果的~」 安威氏はモンテソーリ教育を研究されてきたかたで…

続きを読む

2019年1月 公開講座「患者学」 開催のお知らせ

2019年1月の公開講座「患者学」は 1月26日土曜日14時から 慶應大学信濃町キャンパス孝養舎の202教室にて開催いたします。 テーマは「受診サポーター」についてです。 千葉県にて市民活動団体地域ケアパートナー ほっと の代表をされ受診サポーターとして活躍されている藤井直枝氏に来ていただき話題提供をお願いしています。 この講座は、医療における問題を市民・患者と…

続きを読む

2019年1月 公開講座「患者学」開催のお知らせ

2019年1月の公開講座患者学(第51回)は 2019年1月26日土曜日14時から 信濃町キャンパス・孝養舎・202教室にて開催いたします。 テーマは「受診サポーター」です。 千葉県で活動されている市民活動団体地域ケアパートナー ほっと の代表藤井直枝さまに話題を提供していただきます。 受診サポーターとは何か、受診サポータとして医療と関わる中で見つけた 問題点などを紹介…

続きを読む

第50回 公開講座「患者学」のお知らせ

お陰様で2018年12月の公開講座「患者学」は第50回目となります。 12月9日日曜日14時から慶應大学信濃町キャンパス孝養舎の202教室にて開催いたします。 テーマは「病気と運動療法」です。 健康運動指導士の片瀬愛さんに「運動療法でみえてきたもの」と題して 話題提供をお願いしています。 この講座は、医療における問題を市民・患者と医療者・学生が水平な立場で対…

続きを読む

2018年11月 公開講座「患者学」 開催のお知らせ

2018年11月の公開講座「患者学」は 11月11日日曜日14時から 慶應大学信濃町キャンパス孝養舎の202教室にて開催いたします。 テーマは「重大な病気であることを知った後、何ができるか」です。 整形外科の医師でもあり、ご自身も大病を乗り越えられた保田賢児氏に話題提供をお願いしています。 この講座は、医療における問題を市民・患者と医療者・学生が水平な立場で対話をで…

続きを読む

2018年10月 公開講座「患者学」開催のお知らせ

2018年秋学期公開講座患者学は 10月2日火曜日18時から 信濃町キャンパス孝養舎405教室にて開催いたします。 なお、以前に9月30日とお知らせしていた分は休会となります。 テーマは「医療コーティネーターのはたらき」です。 認定医療コーディネーター 菊池友江さんに話題提供をお願いしています。 この講座は、医療における問題を市民・患者と医療者・学生が水平な立…

続きを読む

2018年8月 公開講座「患者学」開催のお知らせ

2018年8月の公開講座患者学を下記の要領で開催します。  この講座では、市民・患者と医療者・学生が水平な立場で対話をできることを目指すための練習の場を提供します。 どなたでも参加を歓迎致します。 どうぞご参加下さい。 日時;  8月7日(火)午後18時から21時まで 場所;  慶應大学信濃町キャンパス孝養舎 4階405教室にて 今回は、海外でドゥーラとして活躍されてき…

続きを読む

2018年7月 公開講座「患者学」開催のお知らせ

2018年7月の公開講座患者学を下記の要領で開催します。  この講座では、市民・患者と医療者・学生が水平な立場で対話をできることを目指すための練習の場を提供します。 どなたでも参加を歓迎致します。 どうぞご参加下さい。 日時;  7月29日(日)午後2時から5時まで 場所;  慶應大学信濃町キャンパス孝養舎 4階405教室にて 今回は、米国に在住しているときに肺高血…

続きを読む

2018年6月 公開講座「患者学」開催のお知らせ

2018年6月の公開講座患者学を下記の要領で開催します。  本講座は、市民・患者と医療者・学生が水平な立場で対話をできることを目指すための練習の場です。 どなたでも参加を歓迎致します。 どうぞご参加下さい。 今回のテーマ 「発達障害と共に生きる」 講演 「発達障害と共に生きる 〜本人と家族の困難と・ニーズと必要な支援 」 講演者 山岡修氏…

続きを読む

2018年5月 公開講座「患者学」開催のお知らせ

2018年5月月の公開講座患者学を下記の要領で開催します。  この講座は、市民・患者と医療者・学生が水平な立場で対話をできることを目指すための練習の場です。 どなたでも参加を歓迎致します。 どうぞご参加下さい。 日時;  5月27日(日)午後2時から5時まで 場所;  慶應大学信濃町キャンパス孝養舎 2階202教室にて 今回は、潰瘍性大腸炎を患った患者さんとして…

続きを読む