医療情報リテラシーのためのHP立ち上げ

画像
患者さんや一般の人の医療情報の取得を専門家としての医療者が手助けするためのホームページの立ち上げ準備が進んできた。医療者間での教材の共有などもその構想に入れている。

一昨年の秋の患者教育の研究会ですでに、そのような夢を話していたが、中々開設までのきっかけが作れなかった。しかし、このブログをきっかけにクロッシングフィンガーのメンバーの方と知り合いになり、意気投合して一気に進むこととなった。

とりあえず肝臓病を対象に内容を充実させて立ち上げたいと考えているが、将来的には慢性病全般、がんをかかえた患者さんにも役立つものとしたい。


医師、看護師、栄養士、薬剤師を含めて医療者および、肝臓病の患者さんなどで、ご協力いただける方は以下のアドレスまでご連絡ください。
medlite@msn.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2005年05月03日 11:24
>sinさん。バンバンさん。早速にお申し出をありがとうございます。肝臓病で、患者と医療者の協働作業によるよいモデルをつくり上げることができれば、それは将来他の慢性病にも発展すると考えています。よろしく。

患者さん以外にも、医師、看護師、看護学生などの方からお申し出をいただいています。最初は7-8人ぐらいから始めてゆきたいと考えています。将来はもっと大きくしていく予定ですが。
東京の図書館をもっとよくする会サイト管理人
2005年05月21日 08:48
 初めまして。東京の図書館をもっとよくする会の管理人と申します。本業は図書館の司書です。大変興味深い取り組みと考えましたので、こちらのサイトの下記ページにコメントで紹介させていただきました。本当はトラックバックをしようと考えましたが、うまくいきませんでしたので、コメントを遺させていただきます。

 http://motto-library.cocolog-nifty.com/main/2005/01/post_1.html

 私たちも、読者の皆様がご自分にとって必要な情報を入手するお手伝いをするという仕事柄、取り上げてくださっている問題には無関心で入られません。参加はともかく、関心を持地続けて参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック

  • 医療者の患者への支援 サイト立ち上げへ

    Excerpt:  緑の美しい季節になりました。  慶応大学看護学を担当される教授が、「患者さん Weblog: 肝臓のなかまたち racked: 2005-05-03 05:47
  • やっと起きた

    Excerpt: 昨日は、連休谷間で、注射+仕事+最終電車と最悪じゃ。 みなさんのコメントが無かったら、思わずヘタレでるところです。ありがとさんです。 ◆  sinさん-肝臓のなかまたち で知りました。.. Weblog: ”あかるい”肝炎生活 racked: 2005-05-03 09:32
  • 医者よりも医療情報サイトで得た知識を信じる患者たち

    Excerpt: <記事要約> 「病気を自己誤診した患者を安心させるために、約40%の医者は週1... Weblog: 専門家や海外ジャーナリストのブログネットワーク【MediaSabor メディアサボール 】 racked: 2007-08-08 20:21