テーマ:不思議な話

60年目の再会

2016年1月29日、Kippes神父と食事を共にした。 キッペス神父は60年前のこの日にドイツから日本に宣教のためにこられた。紀伊水道を北にあがって上陸したのは神戸港であった。その日は雪だったそうだ。 私は60年前に紀伊水道の西、徳島に生を受けた。 同じ日に、2人は日本に上陸したわけだが、Kippes神父と私が個人的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アサギマダラのランデブー」について

「アサギマダラのランデブー」について ランデブーって何ですかと聞かれた。 どうもアメリカのアポロ宇宙船とソ連のソユーズ宇宙船が、ドッキングしたニュースを知らないらしい。 当り前か。 そういえば、アベックという言葉も耳にしなくなって久しい。 「魔法瓶をとって」などと言おうものなら目を丸くされてしまう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アサギマダラのランデブー

裏磐梯の夏。 グランデコのパノラマゴンドラはペット連れの乗車も許される。 ジーコとドラをつれて高原を散策する。 http://www.grandeco.com/plays/panogon_info.html 頂上駅からデコ平湿原に行く道には、沢山の蝶が華麗に舞っている。 アサギマダラと呼ばれる渡り蝶。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ポストジーコはドラの時代に

サッカーのワールドカップは危惧していたとおり、オーストラリアとの緒戦に敗戦してはもう決勝リーグへの勝ち目はなかった。オーストラリア戦をもう少し上手く戦っていれば、あるいはベスト16への道は開けていたかもしれないが、他の試合をみていても日本と他国の実力の差を十分に感じさせられた。 さて、ジーコの後任にはオシム監督が有力なようだ。そう…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

50の峠  

50歳になる誕生日をむかえた。 気持ちとしては人生の折り返し地点を迎えたという感じだ。 折り返しといっても、何も百歳まで生きようと考えているわけではない。 大学卒業の24歳を社会へ出た時と考え、社会に少しでも役に立てる時期を考えれば、 今が折り返し地点かなという感じだ。 一般の職業なら60歳や65歳が定年だろうが、…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

指紋認証システム

新しいパソコンには指紋認証システムがついている。 PC上の装置の上で指をなぞると指紋が現れ、登録したものと同じものかどうかを認証する。確かにやってみると指紋が現れ、うまく認証してくれる。 しかし、これはパスワードでの認証へも逃れられるように抜け道がつけられている。並列の入り口だ。ということは、セキュリティとしてはパスワード…
トラックバック:2
コメント:16

続きを読むread more

Accueil Notre-Dameノートルダムもてなしの施設

ツアーの最初の活動はルルドー Accueil Notre-Dame [もてなす施設]の見学から始まった。Accueilは病院でもホスピスでもない。ルルドを訪れる世界各地からの巡礼グループの患者さんのための宿泊施設といった方がよいだろう。  所長のジャクリーンさんが出迎え、施設の内容を話してくださった。質疑応答する時間も十分にい…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ルルドに到着

フランクフルト空港で降りると、直ぐに乗り継いで、南フランスのツールズ空港に向かった。ルルドーはそこから更に南に向かいスペインの国境近くにある。 空港には大型のバスが待っており、快適なバスツアーとなる。バスの中ではマイクを使って参加者20人の自己紹介がおこなわれた。皆さんはそれぞれに色々な思いをもって、この研修旅行に参加されている…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

帰国

昨日、ルフトハンザ機によりフランクフルトから関西空港に着き、フランス・ドイツでの癒しの研修旅行より帰国した。 宿泊には、マリアフリーデンのエイズホスピスでの宿泊施設、スツッツガルトの修道院の宿泊施設、アウグスブルグの神学校の寄宿施設などを利用したため、ドイツ滞在中に殆どインターネットにアクセスができなかった。 朝の6時30分には活動…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

学生時代の仲間との集まり

昨夜、私と若林君との教授就任を祝うために、医学部スキー部の先輩と後輩が、就任パーティを開いてくれた。若林君は2年後輩で、9月より岩手医科大学に第一外科教授として赴任する。学生時代からの仲間たちだ。当事者二人の前後5年を含むOB部員に声がかけられ、20名余りが集まった。一年に50日以上を同じ宿で過ごした仲間は、集まるとまるで兄弟かのよう…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

オフカイ仲です。

昨夜、Galantさん、Omori-shさん、fkymhtsさんご夫妻の5人で off 会をもった。ブログで知り合ったという不思議な仲間との会であった。しかし、いざ会ってみるとまるで旧知の友人と会ったかのような不思議な感覚をもった。私が中高時代を過ごした神戸の言葉を話す人達との会であったせいかもしれない。 Galantさんは、その…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

小さな喜びを探して

患者Kさんは胃がんの末期状態で、消化器内科の病棟へ転院してきました。肺に転移があり、もう数週間の命という状態です。有効な治療もなく、徐々に胸水が増加し呼吸も苦しそうです。  そんな時期、Kさんから「先生に折り入って、話したいことがある。」といわれました。一体何を話したいのだろうと思いましたが、私はKさんを車椅子にのせ病棟のカンフ…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

今頃お花見?

昨日は、桜のお花見をしてきました。しかも、境内には残雪が。 札幌円山公園の隣、北海道神宮での風景です。 札幌ではこれからが春となるのです。 桜の後に梅が咲くとか聞きましたが、そんなことってあるのかと 不思議に思いました。 北海道の病院栄養士の研究会に招かれての講演でした。 90分間は長いですねとか言いながら、 内容…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

続 前野良沢の墓

後ろ髪を引かれながら、前野良沢先生の墓を通り過ごして、新高円寺の駅より都心へ向かった。 翌日、病院の研究室で普段余り見ることもない藤沢薬品工業が出版する月刊誌「いずみ」の1月号をパラパラとめくっていた。情報洪水の中で生きているために、このような雑誌に目を通すことなどほとんどないままにゴミ箱行きになる。表紙をあけるのも一年に一度か…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

遺伝子の乗り物 次世代からの贈りもの

新しいベルトを身に着けて 今日一日を過ごした。 このベルト、 長女に初任給があり、 贈ってもらったものだ。 もう、そんな年になったのか。 子供を見て初めて自分の年を悟る。 ここまでくればこの乗り物の任務も 7合目をすぎたと。 過日、「プレゼントに何が良い?」と尋ねられた。 ネクタイでは趣味が出るし、 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

前野良沢の墓

 「患者の生き方」を多数購入し配ってくださった方がおり、お礼を申し上げるために、今年の1月私はその方のお宅を訪ねた。お宅から地下鉄新高円寺駅までの10分ほど歩く途中に、いくつかのお寺がならぶ。ある寺の玄関の前の案内板に、前野良沢という4文字があるのが、ふと目に入った。立ち止まって読んでみると、このお寺には、解体新書を翻訳した前野良沢の…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

新学年の開始

 前回の記事より丸3日ほどご無沙汰しておりすみません。  4月1日より、新しい年度が始まりました。つまり、年末と正月が来ているわけですが、とりわけ今年は、異動があり、新しい職場での仕事の開始、カリキュラムの変更部分に関する手続き、新しい職場への引越しなどを抱えています。また、今までの仕事の延長でたまった期限遅れの原稿もいくつかあり、四…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

キッペス先生、こんにちは

加藤先生。メールありがとうございました。お会いできるとうれしいです。 今月末、東京に行く予定があり、もし先生のご都合がよろしければ下記の日時の いづれかにぜひお願いします。 ① 1月29日(土)午後6時~ ② 29日(土)午前中~11時30分頃まで(四谷での会議) ③ 28日(金)午後6時~ (ホテルXXでの宿泊) 切符…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more